メニュー

新年のご挨拶・本日から診療を再開します

[2018.01.04]

あけましておめでとうございます。
地域の皆様の応援・感謝を頂きながら、昨年は有明院・豊洲院の両院で延8万人の方を診療できるクリニックに成長する事が出来るようになりました。
我々は「医療を軸に、安心して出産や子育てができる地域を作る事」を理念として、チーム一同で様々な目標を計画し、うまく行った事も、行かなかった事もありました。
ここで振り返りをしながら2018年の目標・計画を定めたいと思います。

【2017年振り返り】
できた事
・クリニックの共通の目的を持ったチームとしてだけではなく、各スタッフ一人一人が人生の目的を考えながら働く事ができるようになりました。
https://child-clinic.or.jp/column/ワクワク目的発表会
・朝礼の締めは全員でハイタッチをして気合いを入れる事が習慣となりました。
・常勤医師が5名体制(小暮、細部、植松、有井、塚田)となりました。
・看護師・事務員・クラークなどの人数が30名体制(前年度比200%)になりました。
・経営をチーム(7名体制)で行うようになりました。
https://child-clinic.or.jp/column/トップマネージメントチーム発足!(スタッフ)
・日曜診療を豊洲院でも開始しました。
・来院数の増加のため豊洲院の日中の診療を全て2診体制と致しました。
・正しく最新の医療知識を普及する為の親子教室を定期開催し始めました。
https://child-clinic.or.jp/column/昨日は講演にお越しいただきありがとうございま
・医師がカルテ入力をせす、患者さんとの診療に集中する為のクラーク体制の構築できました。
・ロタウイルスワクチンの接種率向上のために接種価格を原価に下げる事が出来ました。
・保育園の園医を新たに3園担当し、合計8園を担当することになりました。

できなかった事
・企業主導型保育や病児保育事業:一緒に行うメンバーは決まったものの、場所の確保ができませんでした。

【2018年の目標】
1 企業主導型保育と病児保育の場所を確保する
当初予定していた豊洲院二階のテナントは昭和大学で使う予定があるそうで、借りる事が厳しい状況となっています。
⇨豊洲近隣の25〜50坪位のテナントや土地がありましたら是非ご連絡頂ければ幸いです。クリニックから離れる際は、一緒にクリニックも新たに開院させる事を検討していきます。

2 豊洲院の混雑を緩和する
おかげ様で1日200名以上が通院されており、待ち時間が長くなる事や、診察時間を充分に確保する事が難しくなる事が増えています。しかし、当院のこれまでの方針通り、受付時間中に来院された方は必ず診療する事をこれからも続けていきたいと考えています。
そのため豊洲院近隣にクリニックをもう一つ開院し、分散する事が近道だと考えています。そのため現在豊洲にある大型マンションの共有施設の用途変更に挑戦中です。
うまくいけば、クリニックだけではなく、1の病児保育も同時に開設できると考えています。

3 春から勝どき院を開院する
勝どきにお住まいの方々より1年以上前から当院の開院を熱望されており、テナントもお声かけ頂き正式に春からの開院が決まりました。現在都庁の認可手続き中です。認可が降り次第開院日が決定します。今の見込みでは4月1日が有力候補となっています。

4 芝浦院の開院を計画する
芝浦にお住まいの方で当院に通院していらっしゃる方より、小児科が不足していて困っているというお声を頂いています。時期や場所はまだ未定ですが挑戦していきたいと考えています。

5 親子教室のコンテンツの充実・発展
昨年秋から隔月で始めた親子教室ですが、現在は妊婦さんや0歳の育児をしている方向けの内容のみで開催しています。参加されている親御さんからは、大変好評を頂いており、他の病気(例えばアレルギー疾患)に対しても拡げて欲しいという要望を頂いています。
多くの仲間と共に充実・発展させていきたいと計画していきます。

【今年の日時のご紹介】
1/17 水 14-15時
3/7 水 14-15時
5月以降はこれから計画中していきます。

【場所】豊洲子ども家庭支援センター みずべ

長文となりましたが、お付き合い頂きどうもありがとうございました。
12/29から年末年始のお休みを頂きましたが、本日1月4日からは診療を再開いたします。
今年も挑戦・成長をしていく1年にしたいと考えています。引き続き地域の皆様には変わらぬご愛顧を受け賜わりますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

小暮裕之

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME