メニュー

勝どき院|院長ご挨拶

有明こどもクリニック勝どき院院長 植松浩司

有明こどもクリニック 勝どき院院長 植松浩司

昔ながらの街並みと、タワーマンションの混在する中央区湾岸の勝どき・月島・晴海・築地地域の医療に従事できることを心から嬉しく思います。勝どき院では小児科専門医による総合診療の他、例えば気管支喘息、アトピー性鼻炎、食物アレルギーなどのアレルギー疾患、夜尿症、内分泌、腎疾患など幅広く診察にあたっています。より専門的な診療が必要な場合は、近隣の病院と連携も万全です。お子様の成長を見守る地域ドクターとして、3歳以下のお子さんのかかりつけ登録もでき、お子さまの成長に合わせた乳幼児健診、公費の予防接種、各種ワクチン、お子様の病気のことだけでなくご両親の育児の悩みもサポートできる、そんな小児科医院であることを心がけています。
インターネットでは育児に関する情報が溢れる反面、○○はしてはいけない、いや○○はすべきだなど、相反する推奨も多く育児に不安があるご両親が増えてきたようにも感じます。また、特に湾岸エリアは新しいマンションが増えており、祖父祖母と同居する世帯は多くありませんから、一人で育児に悩むお母様も少なくないと感じています。育児に不安を抱えたご両親に、何かサポートできることはないか、日々考えながら診療にあたっています。

有明こどもクリニック

勝どき院副院長 植松 浩

有明こどもクリニック勝どき院院長 植松浩司

 

 

 院長 植松浩司 プロフィール 

小児科医を志すきっかけ

学生の頃から人に相談されることが多かった私は、相談を受けたり仲介に入ったりして相手に喜んでもらうことに喜びを感じていました。「将来は人助けにつながる職業に就きたい」と大学で臨床心理士の資格を取り、さらに「もっと自分自身の手で出来ることを増やして人のために尽くしたい」という思いが強くなり、北海道大学の宇学部へ再入学しました。大学2年生の実習で、小さく生まれたお子さんを治療する新生児集中治療室でお会いした保育器の前に座っているご両親を記憶しています。その背中をみて「この子を治せたら、このご両親のことも助けすことができる」と思ったんです。小児科を選んだのは、子供さんの診療を通してご家族も含めた家庭環境も一緒に直せるというところにやりがいを感じたから。予防接種の進化などで入院するお子さんが減った半面、外来での診療が増え依然としてアレルギーや発達障害などの問題は残っています。将来的に外来中心の診療が求められていると考え、地域密着のクリニックでの勤務を希望しました。

経歴

出身大学 北海道大学 医学部 医学科
主な経歴
  • 北海道大学医学部医学科
  •  互恵会 大船中央病院(初期研修)
  •  医療法人鉄蕉会 亀田総合病院 小児科(後期研修)
  •  独立行政法人 国立病院機構 福岡病院
  •  Harvard Medical Schoolのbiochemistry research lab 留学
  •  Pennsylvania大学 臨床留学
  •  米国内科学会(ACP)日本支部でCAMSE(Committee for Associate and Medical Student Enrichment) 役員就任
  •  ケニアの首都ナイロビでHIV診療クリニックでボランティア活動
  •  香港大学李嘉誠醫学院(Li Ka Shin Faculty of Medicine) 交換留学
勤務日 月、水、木、金、土

資格

小児科専門医

講演・マスコミ掲載・記事監修

講演・マスコミ掲載
記事監修
取材窓口

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME