メニュー

感染症情報|江東区

感染症情報とは

江東区の感染症情報を小児科専門医のアドバイスと共に随時お知らせしています。

 

江東区 感染症情報

  江東区感染症情報(豊洲院長)

12/10~12/16

(第50週)

第50週 12/10〜12/16の江東区の感染症情報。
感染性胃腸炎、インフルエンザ感染症が増えてきています。

感染性胃腸炎は小児の場合、突然の嘔吐で始まることが多いです。
嘔吐をした後は、アルコール消毒が効かないため、塩素系(キッチンハイターなど)の消毒が必要になります。
また嘔吐の後は、経口補水液をスプーン1杯ずつ、5分ほどの間隔をあけながらゆっくりと水分摂取をすることが重要です。
経口補水液は市販でもOS-1という商品が販売されていますが、自宅で作ることもできます。
https://child-clinic.or.jp/hatsunetsu#keikouhosui

インフルエンザ感染症は、手洗い、うがい、マスク、ワクチンがなどの予防が大切です。
当院のインフルエンザワクチンの納品状況は成人も接種できるところまで落ち着いてきました。
まだ接種されていない方は、ご予約いただければ幸いです。
治療は、今年から発売されたゾフルーザという内服薬はが1回の治療が終わるため、5歳以上を中心に使われ始めています。

冬の三大感染症である、ノロウイルス、インフルエンザ、RSウイルスについてまとめましたので、感染経路や予防方法や初期対応について確認しておいていただければ幸いです。
https://child-clinic.or.jp/Infection_winter

来年4月より男性への風疹ワクチンが公費で接種できる予定となっています。
こちらも江東区の詳細が決まり次第、ご報告していきます。
風疹の抗体検査は引き続き、妊娠希望の女性とその夫である男性は当院で無料で調べることができます。

12/3~12/9

(第49週)

第49週 12/3〜12/9の江東区の感染症情報。
気候が寒くなってきているのもあり、インフルエンザ感染症が増えきています。
インフルエンザワクチンは成人も接種開始することができるようになりました。
まだ接種されていない方は、ご予約いただければ幸いです。

またノロウイルスと思われる感染性胃腸炎も増えてきています。
感染性胃腸炎は小児の場合、突然の嘔吐で始まることが多いです。嘔吐をした後
は、アルコール消毒が効かないため、塩素系(キッチンハイターなど)の消毒が
必要になります。
嘔吐の後は、経口補水液をスプーン1杯ずつ、5分ほどの間隔をあけながらゆっ
くりと水分摂取をすることが重要です。
経口補水液は市販でもOS-1という商品が販売されていますが、自宅で作るこもで
きます。
https://child-clinic.or.jp/hatsunetsu#keikouhosui

冬の三大感染症である、ノロウイルス、インフルエンザ、RSウイルスについてまと
めましたので、感染経路や予防方法や初期対応について確認しておいていただけれ
ば幸いです。
https://child-clinic.or.jp/Infection_winter

現在、男性への風疹ワクチンが公費で接種できる措置が取られています。
こちらも江東区の詳細が決まり次第、ご報告していきます。
風疹の抗体検査は引き続き、妊娠希望の女性とその夫である男性は無料で調べるこ
とができます

11/26~12/2

(第48週)

 

第48週 11/26〜12/2の江東区の感染症情報。
インフルエンザ感染症は徐々に増えてきています。
インフルエンザワクチンの供給が十分ではございませんが、
追加で届き次第常に情報をアップデートしていきます。

また感染性胃腸炎の流行が引き続き見られています。
感染性胃腸炎は小児の場合、突然の嘔吐で始まることが多いです。
嘔吐をした後は、アルコール消毒が効かないため、
塩素系(キッチンハイターなど)の消毒が必要になります。
また嘔吐の後は、経口補水液をスプーン1杯ずつ、
5分ほどの間隔をあけながらゆっくりと水分摂取をすること
が重要です。
経口補水液は市販でもOS-1という商品が販売されていますが、
自宅で作ることもできます。
https://child-clinic.or.jp/hatsunetsu#keikouhosui

冬の三大感染症である、ノロウイルス、インフルエンザ、
RSウイルスについてまとめましたので、感染経路や予
防方法や初期対応について確認しておいていただければ幸いです。
https://child-clinic.or.jp/Infection_winter

有明こどもクリニックでの取り組みをご紹介

有明こどもクリニック小暮裕之理事長感染症はお子様だけでなく、妊婦さんにも予防を徹底して頂きたいと思います。

有明こどもクリニック理事長 小暮裕之先生 プロフィール

 

 

 

 

関連ページ

お子様のインフルエンザについて

夏風邪(ヘルパンギーナ・手足口病・プール熱

 冬の三大感染症(ノロウイルス・インフルエンザ・RSウイルス)

有明こどもクリニック有明院 総合案内アクセス予約サイト 

有明こどもクリニック豊洲院 総合案内アクセス予約サイト

有明こどもクリニック勝どき院 総合案内アクセス予約サイト

 

トップページに戻る

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME