メニュー

感染症情報|中央区

感染症情報とは

中央区の感染症情報を小児科専門医のアドバイスと共に随時お知らせしています。

 

中央区 感染症情報

  中央区感染症情報
 

【中央区 感染症情報】

現在中央区で流行している感染症の情報です。

参考にしてください。

☆流行している感染症☆

・急性胃腸炎(ウイルス生)が急増しています:嘔吐、下痢が主な症状です。伝染しますので、ご家族は手洗い、うがいの徹底をお願いします。

・伝染性紅斑(りんご病)は少し減りましたがまだ警報基準値を超えています:手足にまだらな皮疹。妊婦さんは接触に注意!

・水痘(みずぼうそう)は減ってきました。

インフルエンザは少しずつ出始めていますが、まだ流行の兆しはありません。検査をご希望の方は発熱した次の日に来院されると調度良いタイミングです。

急性脳症が1例報告されました。インフルエンザが原因のことが多いため、今からでも可能な限り予防接種を受けるようにしてください。

百日咳もそれぞれ報告されています。ご注意ください。

 

有明こどもクリニックでの取り組みをご紹介

有明こどもクリニック小暮裕之理事長感染症はお子様だけでなく、妊婦さんにも予防を徹底して頂きたいと思います。

有明こどもクリニック理事長 小暮裕之先生 プロフィール

 

 

 

 

関連ページ

お子様のインフルエンザについて

夏風邪(ヘルパンギーナ・手足口病・プール熱

 冬の三大感染症(ノロウイルス・インフルエンザ・RSウイルス)

有明こどもクリニック有明院 総合案内アクセス予約サイト 

有明こどもクリニック豊洲院 総合案内アクセス予約サイト

有明こどもクリニック勝どき院 総合案内アクセス予約サイト

 

トップページに戻る

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME