メニュー

お子様のアレルギーについて

当院では、お子様の気管支喘息、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹(じんましん)、花粉症、アレルギー性鼻炎等を診ています。

アレルギーの症状について

小児アレルギーは、下痢、嘔吐、腹痛、せき、呼吸困難、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹(じんましん)、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、発熱、頭痛、むくみ、など様々な症状で表れます。
よく見られるアレルギーには、食べ物がアレルゲン(アレルギー症状を引き起こす原因となるもの)となる食物アレルギー、ハウスダストなどの吸入性アレルゲンによって発症する気管支喘息などがあります。一方で、成長とともに症状が改善・軽減していくことも多いのが小児アレルギーの特徴です。

小児食物アレルギーで特に赤ちゃん・乳幼児が、アレルギーを起こしやすいのは、卵、牛乳、小麦、大豆です。その他にも、カニ、えび、米、そば、ピーナッツ、キーウィ、メロン、マンゴー、ニンニク、セロリなどアレルギーを起こしやすい食べ物はたくさんあります。

一方、乳幼児の食物アレルギーは乳児湿疹から発症するということが解明され、むしろ摂食することで治療になることがわかってきています。そのため乳児期からのスキンケアに関する指導がとても重視されるようになりました。つまり、アレルギーはスキンケアを通して、予防する時代に変わりました。

お子様が何かを口にした際にアレルギー症状が出たため、疑わしい食べ物を片っ端から検査し、除去するという厳しい食事療法を行う方もいらっしゃいますが、食事制限は最小限にすることが大切です。

当院では、血液検査や食物負荷試験(院内で食事をして体調を観察する検査)などをして、アレルギーの原因を突き止め、同時に治療の提案をさせていただきます。

様子がおかしいなど、気になることがございましたら、ご相談ください。まず、受診していただき、必要があれば検査をおこなったり、迅速に専門医のいる適切な病院にご紹介いたします。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME