メニュー

目の検査について(弱視スクリーニング検査)

弱視は早期発見で改善できる

有明こどもクリニックでは、6ヶ月~5歳までのお子様の弱視を早期発見する眼科検診(弱視スクリーニング検査)を行っています。
弱視とは、メガネやコンタクトレンズで矯正しても視力が出ない状態のことで、近視、遠視、乱視、不同視、斜視、瞳孔不同などがあり、早期に治療するほど改善します。出生直後の赤ちゃんの視力は0.02程度ですが、徐々に物の色や形が分かるようになり、4か月ぐらいで動くものを追えるようになり、4歳くらいまでに1.0程度になり、6歳ごろまでには視る機能が完成します。この発達段階途上での目の異常で視力が発達しない状態(弱視)を早期に発見して、4歳以下で治療を開始すれば、子どもの弱視の95%が改善するといわれています。視力の発達のピークは3〜5歳。その時期をすぎると治療成績は低下するため、3歳以前おそくとも5歳までに発見することが重要です。弱視については、治療は早ければ早いほど高い効果を期待することができます。

弱視

しかし、従来の3歳健診の視力チェック(絵カードを使用したりする質問紙式)では弱視の発見を見逃してしまうこともありました。有明こどもクリニックではより年齢の低い3歳以前(6か月~可能)のお子様も客観的に短時間で検査ができる専用の機器(スポットビジョンスクリーナー)を導入しております。既に米国では機器を使用しての視力スクリーニングが推奨されており、使用するスポットビジョンスクリーナーは米国小児科学会の弱視スクリーニングガイドラインに準拠した機器です。また、低年齢での検査を推奨するため、「1歳6か月健診」の患者様には無料で検査を行っております。弱視と言っても重症でない限り、ご両親など周囲から見て日常生活ではっきり分かることは少なく、例えば片眼だけの場合など検査して初めて分かることも少なくありませんから、是非検査をおすすめします。

スクリーニング検査のリーフレットはこちらからDLできます。

弱視スクリーニング検査の実際

専用の機器(スポットビジョンスクリーナー)による1、2分で完了する検査で、6か月以上の赤ちゃんから客観的検査ができ、弱視の早期発見が可能となります。小さなお子さんにもスクリーニングしやすいよう、スクリーニング中に興味を惹きつける光や音が発せられます。

対象年齢について

6ヶ月~5歳までのお子様を対象としています。

推奨時期の目安は
①6か月~1歳6か月
②3~5歳

この時期でなくても、ご両親から見て「見えにくそうにしている」「テレビをすごく近くで観ている」「物をみるとき顔をしかめたり、眼を細める」「ものを見るとき顔を傾ける」「顔を回して横目で物を見る」「明るい戸外で片目をつぶる」「クレヨンなどで丸(円)を描かない」「上目遣いで観る」などの様子が見られるようでしたら、いつでもご来院ください。既に症状のある方は、保険適用になります。12歳までの学習は約80%が視覚を通じたものになります。弱視により学力の低下、社会的行動に影響などの問題を引き起こすこともありますので、早めに気づいて治療をスタートすることが大切です。

検査費用について(1歳6か月健診時は無料です)

費用は1回1,000円、既に症状の疑いがある方は保険診療にて検査を行えます。
また、有明こどもクリニックでは、1歳6ヶ月健診の際には無料で検査を行っております。

 

豊洲院での取り組みをご紹介

ariake_037視る機能の発達が健全かどうかは、なかなか周囲のご家族からはわかりにくいものです。有明こどもクリニックでは、視る機能の発達ピークで早期に弱視を発見するために、弱視スクリーニング(スポットビジョンスクリーナー)による検査を実施しております。推奨年齢は6か月以上。今まで検査が難しかった低年齢から可能で、1~2分で簡単に客観的な検査ができますので、是非多くのお子様に受診して頂き、より適切な時期での治療を受けていただきたいと思っております。

有明こどもクリニック豊洲院 院長 小暮裕之

豊洲院のトップページへ
豊洲院院長 小暮裕之先生 プロフィール

 

関連ページ

乳児検診・幼児健診

トップページに戻る

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME