メニュー

予防接種

1f0e4c80f21d8d480c0b2808717f7fa5

 

予防接種の不安や心配を取り除くことに力をいれています

当院で、生後2ヶ月の初めての予防接種を受けた方には、当日パンフレットを用いてその後の過ごし方における注意事項を説明するだけではなく、翌日に看護師よりお電話させていただき、何かお困りの事がないかお話を伺うようにしています。

また予防接種が、お子様の成長を知る機会になれるように、生後2ヶ月、3ヶ月、5ヶ月、1歳では身長や体重を計測することにしています。なお生後4ヶ月、6−7ヶ月、9−10ヶ月は乳幼児健診で成長を確認できます。

 

赤ちゃんへの泣かせない予防注射

0歳からの赤ちゃんに泣かせないように配慮した予防注射をおこなっています。
ご両親はもちろん、我々医療従事者も赤ちゃんに恐怖や痛みを感じて欲しくないという気持ちは一緒です。
痛み止めに1時間かかりますが、追加費用はありません。お時間が許すようでしたら、安心して接種することができます。
来院当日に ”泣かせない注射” を希望していることを受付へお声がけください。

6ヶ月未満のお子様の際は、これまで約50%の方が泣かずに注射できています。
6ヶ月から2歳くらいまでは人見知り、怖さなど痛みと別の泣いてしまう要因が増える傾向があります。
また物心がつく2〜3歳頃からは、別の方法(風車やアイスノンを使用)で短時間でも痛みを減らす方法で予防接種を行なっています。

アメリカや北米では市販薬として塗り薬の痛み止めが販売されています。そのため来院する1時間前に動画で使用方法を説明して痛みを減らすことを促しています。
歯科の治療で歯茎(口腔粘膜)に使用する場合は15分ほどで効いてくる痛み止めですが、皮膚の場合は1時間ほどかかっていしまいます。日本ではまだ市販されていないため、医療機関に来てから塗布するためお時間を頂戴してしまうのが難点です。
また痛み止めの薬についてですが、海外で市販されているように安全性が高く、北米の痛みを減らすための予防接種ガイドラインでは推奨度Aで最も高い推奨レベルとなっています。

動画で分かる泣かせない注射

 

予防接種スケジュール

d68d47e3d056e6a09a50e76fb57abf64

 

ワクチンで防げる病気の解説や、ワクチン接種スケジュールについての案内があります。

ワクチン接種後に次回他のワクチンを接種までにあける間隔

  • 4週間あける(生ワクチン):BCG、麻疹(はしか)風疹、おたふくかぜ、水痘(みずぼうそう)

  • 1週間あける(不活化ワクチン):四種混合(ジフテリア・百日咳・破傷風、不活化ポリオ)、二種混合(DTジフテリア・破傷風)、日本脳炎、Hib(インフルエンザ菌b型)、小児用7価肺炎球菌、季節型インフルエンザ、A・B型肝炎、HPV(子宮頚癌予防)ワクチン

定期予防接種(公費負担)

当院では23区の住民の方を対象に、公費負担でB型肝炎、ヒブ、小児用肺炎球菌、四種混合(ジフテリア・百日咳・破傷風、不活化ポリオ)、BCG、不活化ポリオ、二種混合(DTジフテリア・破傷風)、日本脳炎、麻しん(はしか)風しん混合、水痘(みずぼうそう)、HPV(子宮頚癌予防)ワクチン、成人用23価肺炎球菌等の接種を行っています。
※江東区以外の23区にお住まいの方は最寄りの保健所から配布される予診票をお持ちください。

任意予防接種(自費負担)

任意予防接種として、おたふくかぜ、水痘(みずぼうそう)、A・B型肝炎、季節型インフルエンザなどの接種を行っています。
現在、国内ではこのように公費負担と自費負担の2通りの予防接種が存在していますが、他の先進国では全ての予防接種の有効性が証明され、原則全ての小児に接種されています。当院はこのような背景を踏まえて、他の先進国同様に全ての予防接種を受けることを推奨しています。

  • 水痘ワクチン:7000円(税込)

  • おたふくかぜワクチン:6000円(税込)

  • B型肝炎ワクチン:6000円(税込)

  • ロタウイルスワクチンロタリックス10000円*2回(税込)(2017年6月からの価格です)
    ロタテック10000円*3回(税込)

事前に予約を要するワクチン

  • インフルエンザワクチン:2回接種7,000円(税込) 1回接種4,000円(税込) 豊洲院予診票有明院予診票

  • 子宮頚癌予防(HPV)ワクチン:17,000円(税込) 23区にお住まいの12~16歳 小学校6年生相当~高校1年生相当 は公費です

  • 成人用肺炎球菌ワクチン:8,000円(税込) (江東区民の65歳以上、または心臓・腎臓・呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウィルスによる免疫の機能に障害を有し身障1級の基準に該当する方は4000円の助成があります)

  • A型肝炎ワクチン:8000円(税込) (海外転勤予定の方のみを対象)

  • 風疹ワクチン:6000円(税込)

  • 狂犬病ワクチン:13000円(税込)(海外転勤予定の方のみを対象)

  • 破傷風トキソイド:4000円(税込)

同時接種

海外で広く普及している、複数の予防接種を同時に接種する方法は、有効性や副作用ともに変わりないことがわかっています。そのような背景を踏まえて本小児科学会からも同時接種の必要性に関する見解が示されました。(2011.4.28)

予防接種は適切な時期に必要とされているものを受けることが病気を防ぐために重要です。現在乳児期で受ける予防接種の種類は多くあり、各々に接種していると適切な時期に必要とされているものが終らないためにワクチンで防げる病気にかかる危険性を伴います。そのため、複数の予防接種を行う同時接種を当院では積極的に勧めさせていただいております。希望される方は診察時にご相談頂けますようお願いいたします。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME