メニュー

理事長 小暮裕之

子供のスギ花粉症が治せる時代がきます(2018.06.22更新)
以前のブログでもご案内しましたが、 6月29日、来週金曜に子供でも舌下免疫療法ができるシダキュアが発売されます。 舌の下に薬を置いて1分くらい保持する必要があるため、5歳くらいからが対象になります… ▼続きを読む

子宮頚がんワクチン(2018.06.15更新)
本日久しぶりに子宮頚がんワクチンを接種しました。 接種するきっかけをお聞きしたところ、周りの医療関係者が全員接種を推奨している為と言われていました。 日本では子宮頚がんに年間10000人以上が罹患… ▼続きを読む

風邪を減らすための工夫(2018.05.25更新)
保育園に通っているご両親からよく質問を受ける内容です。 どうして、こんなに毎週風邪を引くんでしょうか。何かできることはありませんか? うちの子供たちも保育園に通っていますが、お休みをする機会は実は… ▼続きを読む

子供もスギ花粉症が治せる時代となります(2018.05.24更新)
これまで12歳以上の方々は、舌下免疫療法でスギ花粉症は治せる状態でした。 これからは、子供もスギ花粉症を治せる時代となります。 その新たなお薬の発売日は6月29日(金)で決定したことが、本日プレス… ▼続きを読む

【湾岸地域の方々へのお願い】(2018.05.19更新)
【湾岸地域の方々へのお願い】   ~認可病児保育への挑戦~ 現在、我々は豊洲で新しい病児保育施設の立ち上げを、フローレンスの駒崎さんと計画しています。 そこで昨日、江東区役所で新しい病児保育施設… ▼続きを読む

子供が鼻づまりで苦しいときの解消法(2018.05.18更新)
0歳から1歳にかけての子供は、風邪をひいた際に鼻づまりで苦しくなりやすいです。 理由は鼻呼吸が中心であること、鼻をかめないこと、そして鼻の穴がまだ細いためです。 鼻吸いの機械や道具を持っている方は… ▼続きを読む

子供のスギ花粉症の最新治療(2018.04.18更新)
一部の患者さんには事前に案内しておりましたが、6月下旬からようやく5歳以上のスギ花粉症は治せる時代になります。 舌下免疫療法といって、スギ花粉の成分を舌の下で舐めることを毎日行うことで、1年目から症… ▼続きを読む

病児保育への挑戦(豊洲院 院長 小暮裕之)(2018.03.30更新)
豊洲院開院前から挑戦している病児保育について、最新状況のご質問をいただく機会があるのでご報告させていただきます。 まず、豊洲院2階のテナントについては、オーナーである昭和大学側で使う計画があるそうで、… ▼続きを読む

新年のご挨拶・本日から診療を再開します(2018.01.04更新)
あけましておめでとうございます。地域の皆様の応援・感謝を頂きながら、昨年は有明院・豊洲院の両院で延8万人の方を診療できるクリニックに成長する事が出来るようになりました。我々は「医療を軸に、安心して出産… ▼続きを読む

常勤4名体制になりました(2017.12.01更新)
豊洲院院長の小暮です。 本日から豊洲院の9−18時の診療、および土日の診療は常勤医4名体制を中心に、非常勤医は名誉副院長である中村先生(日曜担当)のみへ変更になりました。 18−21時の準夜診療に… ▼続きを読む

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME