メニュー

豊洲院 院長 小暮裕之

子供のスギ花粉症の最新治療(2018.04.18更新)
一部の患者さんには事前に案内しておりましたが、6月下旬からようやく5歳以上のスギ花粉症は治せる時代になります。 舌下免疫療法といって、スギ花粉の成分を舌の下で舐めることを毎日行うことで、1年目から症… ▼続きを読む

病児保育への挑戦(豊洲院 院長 小暮裕之)(2018.03.30更新)
豊洲院開院前から挑戦している病児保育について、最新状況のご質問をいただく機会があるのでご報告させていただきます。 まず、豊洲院2階のテナントについては、オーナーである昭和大学側で使う計画があるそうで、… ▼続きを読む

新年のご挨拶・本日から診療を再開します(2018.01.04更新)
あけましておめでとうございます。地域の皆様の応援・感謝を頂きながら、昨年は有明院・豊洲院の両院で延8万人の方を診療できるクリニックに成長する事が出来るようになりました。我々は「医療を軸に、安心して出産… ▼続きを読む

常勤4名体制になりました(2017.12.01更新)
豊洲院院長の小暮です。 本日から豊洲院の9−18時の診療、および土日の診療は常勤医4名体制を中心に、非常勤医は名誉副院長である中村先生(日曜担当)のみへ変更になりました。 18−21時の準夜診療に… ▼続きを読む

昨日は講演にお越しいただきありがとうございました 院長ブログ(2017.11.10更新)
昨日は、豊洲の子育て支援センターみずべで第2回の講演を行わせていただきました。 30組前後の親子さん、妊婦さんが参加され、私の話を聞いていただき感謝申し上げます。 またアンケートで好評をいただく… ▼続きを読む

名医のいる病院2018(豊洲院 院長 小暮裕之)(2017.10.25更新)
手術をしてないので場違いとは思いましたが、名医のいる病院2018から強いオファーを頂き取材協力する事にしました。20ページに当院が取り上げられてます。 読者の皆様へ我々の地域医療への想いが届けば幸い… ▼続きを読む

手洗い重要!胃腸炎が流行りはじめています(豊洲院 院長 小暮裕之)(2017.10.24更新)
急激な寒さとともに、今年もウイルス性胃腸炎が流行し始めています。 どんな病気かと申しますと、 症状は子供の場合は通常、嘔吐で始まり、発熱・腹痛・下痢などが後から併発してくるパターンが多いです。 … ▼続きを読む

当院の診療体制に興味のある小児科専門医の方へ(豊洲院 院長 小暮裕之)(2017.10.21更新)
最近、全国の小児科の先生が当院の診療を見学されたり、面接を希望するというケースが増えてきています。 そして12月からは2名の小児科専門医が常勤医として、豊洲院の診療に加わります。 更に、来春からの… ▼続きを読む

決意!(豊洲院 院長 小暮裕之)(2017.10.20更新)
湾岸地域の小児医療は徐々に充実してきているとはいえ、まだまだ圧倒的に不足していると実感しています。 子供達が小児科でインフルエンザワクチンが接種できない。待ち時間が長くなってしまう事があり、忙しい親御… ▼続きを読む

インフルエンザワクチンの供給不足(豊洲院 院長 小暮裕之)(2017.10.16更新)
最近、新聞・テレビで取り上げられているように今シーズンはインフルエンザワクチンが全国的に供給不足になるとのことです。当院もこの事実を知ったのは9月下旬で驚きました。通院されている患者さんには大変ご迷惑… ▼続きを読む

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME