メニュー

子供の病気|発熱

子どもの発熱

子供の発熱はよくあること…とわかっているつもりでも、高熱が出るとやはり心配になってしまうものですよね。子供の発熱は、多くの場合は急を要するものではありません。

まずは様子を見ながら家庭でケアできる場合がほとんどです。とはいえ、子供は急に熱を出すことが多いもの。とっさのときに慌てないよう、発熱の原因となる病気やすぐに受診が必要な場合、ホームケアの方法などについて知っておきましょう。

子どもが良く熱をだすのはなぜ?

「会社で仕事をしていたら、子供の発熱で保育園から呼び出しが! 今月もう何回目かしら…。うちの子、どうしてこんなによく熱を出すの?」

「子供の体温が37.5℃あるけれど食欲もあるし元気そう。すぐに受診したほうがいい? それとも様子を見ていても大丈夫?」

子供の急な発熱は、心配になってしまうばかりでなく、仕事や予定に変更が生じることもあり、お母様・お父様にとってもさまざまな不安や悩みがあると思います。そもそも、なぜ子供は大人に比べて熱を出すことが多いのでしょうか?

 赤ちゃんは、生後しばらくは胎内にいる間にママからもらった免疫で体を守っていますが、6カ月ごろになるとママの免疫が減り、少しずつ自分で免疫をつくるようになってきます。そのため、子供の発熱は生後6カ月ごろから始まることが多いのです。

また、子供は体内でつくられるエネルギー量が多いため、大人に比べて体温が高め。平熱には個人差がありますが、36.5~37.5℃くらいを上下し、気温が高いときは37.5℃を超えることもしばしばあります。

発熱のおもな病気

 

子供が熱を出す原因の大半は、ウイルスや細菌などの病原菌が体内に侵入したことによるものです。人間の体内に有害な異物が入ると、異物を追い出すための免疫機能が働き、体温を上げるしくみになっています。これは、ウイルスや細菌が高温に弱いから。つまり、発熱は体が病原菌とたたかっている証拠なのです。体を守るために必要なメカニズムなので、水分や栄養や睡眠が取れていれば、無理に熱を下げる必要はありません。

繰り返し熱を出すお子様も、大きくなって免疫力がついてくると熱が出る頻度は少なくなっていきます。丈夫な体をつくるために必要なプロセスとして、成長を見守ってあげてくださいね。

子どもの発熱Q&A

高熱が脳に影響をおよぼすことはある?

熱中症や熱射病など、体温調節機能が働かなくなったことにより体温が上昇した場合を除き、基本的に風邪などの病気による熱が脳にダメージを与えることはありません。私たちの体には体温調節機能が備わっていて、41℃よりも体温が上昇することを防止するメカニズムがあります。「高熱を出した後に脳に後遺症が残った」という話を聞いたことがあるかもしれませんが、これは熱がダメージを与えたせいではなく、ウイルスや細菌が脳に侵入することにより、脳炎や脳症、髄膜炎などを引き起こしたためです。また、熱が高いからといって脳にウイルスや細菌が入りやすくなるということもないので心配はいりません。

解熱剤は使ったほうがいいの?

体がウイルスや細菌とたたかうために熱を出しているので、高熱でも食欲があって眠れている場合は無理に熱を下げる必要はありません。しかし、高熱が続くと体力を消耗するので、うまく眠れなかったり、食事や水分をとれないようなときは薬で一時的に熱を下げてあげるとよいでしょう。解熱鎮痛剤を使用すると、平均して1℃ほど体温が下がり体がラクになります。

 

受診のポイント

子供が発熱したときは、体温計の数字よりも“熱以外の症状“をチェックすることが大切です。「熱は出ているけれど、元気で食欲もある」という場合は、あわてなくても大丈夫。ご家庭でのケアで様子を見てもよいでしょう。
一方、発熱とともに、発疹、激しい咳、おう吐、耳の痛みなど、そのほかの症状が見られるときは小児科を受診しましょう。
ただし、生後3カ月以内の赤ちゃんが熱を出したときや、ぐったりしている、けいれんが5分以上続く、呼吸が苦しそうでハァハァと肩で息をしている、といった症状がある場合は、夜間でも救急病院を受診することが必要です。
なお、当院では3歳以下のお子様の「かかりつけ医登録」をおこなっています。休診の時間帯でも、いつもの先生に電話で相談ができますので、各院受付にてご登録手続きの上ご登録ください。

すぐに受診

 

お熱がでたときのホームケア

十分に水分補給する

発熱時に最も大切なケアは“水分補給”です。熱が出ると、汗が出て呼吸も荒くなるため、体内の水分や塩分が大量に失われて脱水症になるおそれがあります。水分は、少しずつこまめに補給することがポイント。湯冷ましや水などを飲ませるほか、水に塩分などの電解質と少量の糖質を加えた「経口補水液」は効率よく水分補給ができるのでおすすめです。薬局などで市販されていますが、家庭でも簡単に作ることができるので、以下に材料と作り方を紹介します。

■経口補水液の作り方

<材料>

・湯冷まし…1リットル

・食塩…3グラム(小さじ1/2杯)

・砂糖…40グラム(大さじ4と1/2杯)

・好みで果汁(レモン、グレープフルーツなど)

 <作り方>

1 湯冷ましに、砂糖と塩を加えてよく溶かす

2 かき混ぜて、飲みやすい温度に冷ます

3 好みで果汁を加えると飲みやすくなる

経口補水液

安静に過ごす

体力を消耗しないよう十分に休ませてあげましょう。できるだけ快適な環境で安静に過ごすことが大切です。元気な場合は無理に寝かしつけなくてもかまいませんが、興奮しすぎて疲れないよう注意してください。
食事は、お腹をこわしていなければ何を食べても問題ありませんが、胃腸に負担のかからない消化のよいものやアイスクリームのような冷たくてのどごしの良いものが食べやすいでしょう。

厚着のさせすぎに注意!

熱の上がり始めには、寒気がしたりガタガタふるえたりすることがあります。お子様が寒そうにしているときは、手足や体を温めてあげましょう。その後、熱が上がって暑そうにしていたら、体内に熱がこもらないように、衣類や布団の枚数を減らして涼しくしてあげます。本人が気持ちいいと感じるようであれば、冷却シートや氷枕、水枕などを当ててあげてもいいですね。

熱ホームケア

予防できる発熱を防ぐために

麻疹(はしか)やインフルエンザなどは、ワクチンを接種することで予防効果が期待できます。予防接種を受けることにより、もし発症した場合も重症化を防ぐことができます。適切な時期に必要な予防接種を受けることは、子供自身が病気になることを防ぐために、また保育園や幼稚園など集団生活を送る上で周りの子供に病気をうつさないためにも重要です。
当クリニックでは、0歳からの赤ちゃんの痛みを軽減するよう配慮した予防接種をおこなっています。痛み止めに1時間かかりますが追加費用はありませんので、お時間に余裕のある場合はお気軽にご相談ください。

 

豊洲院での取り組みをご紹介

ariake_037小さなお子様の発熱はよくあるもの。慌てず家庭でもできる対処を知っておけば安心です。成長の過程の一つでもあり心配はないことが多いですが、高熱の場合や併せて他の症状がみられる場合はかかりつけの小児科クリニックを受診しましょう。

有明こどもクリニック豊洲院 院長 小暮裕之

豊洲院のトップページへ
豊洲院院長 小暮裕之先生 プロフィール 

関連ページ

トップページに戻る

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME